2009年03月03日

雪降る夜

 昼過ぎから雪雪
 予報通り。
 このまま予報通りなら、大雪。
 ちょっぴり嬉しいが、帰路は大変、今夜は早く帰ろう…と思っていたら、妻から携帯電話メール
 「早く帰れる? 話がある。×××のこと」 ×××…息子の名。
 珍しく息子が何かやったか…





 友達数人で、親が留守のお宅で遊んでいた時のこと。
 なぜか妹(小2!)が出てきて、財布(その子のらしい)から1500円を出し、買った人にあげると言ったらしい。
 それで友達でジャンケンをすることになった。
 で、息子が勝って、現金をもらってきた。もう一人もらったらしい。
 息子は家に持ち帰り、貯金箱にしまった。

 

 …というのが妻の説明。そのことがその場にいた別の友人の親を通して発覚したのです。

 「何も思わないか」と問うたらしいですが、返事がなかったこと、こんなことをしてしまったのに悪いことをしたという認識がない息子に妻はショックを受けていました。妻らしい。
 子ども達が何か問題を起こすと「信じられない」と妻が嘆くのはいつものことです。

 でも、ちょっと待てよ…と。
 開き直るわけではありませんが、私たちは、ちゃんといけないことだと教えていたのかと。子ども達を買い被ってはいないかと。子ども達が勝手に身につけるものと思い込んではいなかったかと…思いました。そして、妻にそう話しました。

 試しに、何がいけないのか話したのかと尋ねたら、話していないと言いました。いけない理由をちゃんと話せば、子ども達は理解するはずです。じゃぁ何と説明しようか…実は恥ずかしながら自分でもわからなかったのです。妻に助けを求めたつもりなのに…

 これまで躾けられなかったことは反省しなければいけません。だけどしっかり理解させれば、直せるはず。そんなにショックを受けることじゃない。…やっぱり開き直りでしょうか。


 息子を呼び出しました。

 ・金は稼ぐもの。他人からもらうものじゃない。
 (お父さんなんて1000円稼ぐのに1時間働かなきゃいけない…正確じゃないですけど)
 ・子ども達がこづかいをもらえる理由。
 ・プレゼントやおみやげをもらったら、ちゃんとお返ししていること
 ・賭博は犯罪で、今回のことはそれに等しい。
 というようなことを話しました。
 妻は、留守のお宅には遊びに行かない と約束させていました。

 そして、明日その友達に返金させることにしました。
 親は出ないことにしました。自分たちの過ちを隠すためではなく、いっしょにいた友人たちに余波を起こさないためです。

 それから、自分一人や友人たちと解決できないこと、疑問があったらすぐに私たちに相談することを約束させました。

 雪降る一夜の出来事です。
 これまでも至らなかったし、至らぬ対応だと思っています。




 みなさんならどうします?
posted by らいと at 23:52| Comment(12) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪、積もってますか?きっと明日の朝は一面の雪景色ですね。

息子さんの話を聞いて思ったのが、すぐに使っちゃわないで
貯金箱にしまったっていうところ、ここ大事ですよ。
賭け事をしたことにも気がついてなくて
思いがけず貰ってしまった、どうしよう?
とりあえずしまっておこうって感じ。
確信犯なら証拠隠滅でとっとと使っちゃうでしょ?
あまり責めないで、賭け事は犯罪なんだってわかればいいんじゃないかな。

うちも共働きで留守の時がほとんどなので、
目の届かないところでトラブルが起きないように
留守中友達を呼んだり、親がいない家には遊びに行かないよう言ってます。

それにしてもじゃんけんで勝ったらお金をあげるだなんて、
そんなことを言い出すっていう子どもの感覚が考えられない。
1500円はうちじゃお手伝い150回分。
(物干しや風呂掃除とか1回10円お駄賃あげてるので)
お金を稼ぐのが如何に大変かわかっているから、
たぶんうちの子はそんな身銭を使ったゲームなんかしないと思うけど。

とかく思いがけないことをするのが子どもなので、怒らず諭して大目にみましょう。
失敗して学んでいくんです、親も子も。



Posted by すぎっち at 2009年03月04日 02:02
おはようございます♪
寒いひな祭りでしたね〜 らいとさんち方面でも雪が降ったんですね・・・

「これまでも至らなかったし、至らぬ対応だと思っています」
私はそんなことはないと思います。
らいとさんはいつもお子さん達のことに心を砕いていると思いますし、
何かあった時も真摯に子供たちと向き合って対応していると感じていました。

今回の事は私も息子さんはその場の乗りでお金をもらってきてしまったけれど
どうしていいか分からず、とりあえず貯金箱にしまっておいた・・・
ということなんだろうな〜と思いました。
使っていいお金かそうでないか、ちゃんと分かっているとも感じましたし。
今回の事をきっかけに息子さんにお金に関する親の考えも伝えた訳ですし
きっと息子さんもわかってくれていると思います。

何かあった時は子供の話を聞きながら、親としての考えも伝えていく必要があると思います。
らいとさんちはそれがちゃんとできてると思いますよ!!

今度息子さんとゆっくりお風呂に入って心も体ものびのびした時にでも
何気なく今回の事を聞いてみたらいかがでしょうか??
もしかしたら素直な息子さんの気持ちが聞けるかもしれません。
Posted by あげさん at 2009年03月04日 11:02
雪、少し降ってもそちらじゃ大変でしょう。

東京の大学に行っていた妹が、積雪10cmの
の大惨事ぶりに驚いていました。

さて、本題。
お金は『働いて貰うもの』とは言っています。

ジャンケンで勝ち取るのは『順番』くらいで、
物やお金を取ったり取られたりする物じゃない。
とも教えています。

悪気があってやった事じゃないんでしょうから、
今回の一件でで理解できたら良いと思います。

半分大人になってから理解したんじゃ遅いですから。
悪い言い方ですが、良い機会だったのでは?

Posted by ozen at 2009年03月04日 20:27
>みなさん
 沢山の丁寧なコメントありがとうございます。
 うれしいです。

 今、セキュリティソフトのアップデートに手こずっています。2時間もやっています(泣)

 後日、ゆっくり返事をさせて頂きます。

 ごめんなさい!
Posted by らいと at 2009年03月05日 00:28
小2の子が1500円もの大金を簡単に人にあげちゃうって!私はそこに1番驚きました!!
自分の子供だったらかなりショックです。

らいとさんの息子さんはとても素直だなと感じましたよ。
悪い事をしたという認識がないことに奥様はショックを受けたようですが、それは当たり前。初めてのことですもの。良いも悪いもわかりませんよ。じゃんけんで勝ったらあげると言われて、自分が勝ったからもらった。“一体何が悪いんだ???”って混乱しちゃうんだと思います、子供ですもん。素直な証拠です。

そして、親は出ずに解決させること、素晴らしいと思います。
何でも親が出て行ってしまいがちですが、まずは子供同士で解決させることって、子供にとっても親にとってもすごく大事だと感じます。

素直な息子さん、きっと二度と同じ事はしないでしょうね。

これを読んで、私もいい勉強になりました。
ありがとうございます。

Posted by runrun at 2009年03月05日 05:32
>すぎっちさん
 雪は夜更け過ぎに雨へと変わり♪
 朝は、雪半面の世界(?)ってところでした。
 その雪も1日ですっかり融けてしまいました。当地も今年、記録的な暖冬だそうです。

 すぐ使わなかったことについてはあまり評価できないんです。普段から買い物をする機会がないのです。それに、そのお金をどう思っていたのかもはっきり言えなかったのです。
 余談ですが、私が子どもの頃には、半径100mの中に4軒も駄菓子屋があり、毎日こづかいを使っていました。しかし、今は駄菓子屋も少なく買い物を体験する機会がほとんどないということは、かわいそうですし残念です。

 留守宅、留守中の件、すでに手を打ってあるのですね。さすがです。妻は、子ども部屋で遊ばせず、居間で遊ばせるようにすることにもしました。

 「お金をあげる」妻も私も驚いています。この友人兄妹のことは、転校してきたばかりなのでまだよくわからないのです。最初で最後のことであればと思っています。

 お手伝いこづかい制、実は先日、やり始めたんです。でも、3日も続かず中止になりました。
手伝いをやらなかったわけではなく、ケンカの原因になったからです。これも困ったもんです。

 これからはもっと大きな問題にぶつかり、解決も難しくなるのでしょうね。親も子も。
 がんばらなくちゃ!

 これからもアドバイスと体験談をお願いしますね!

Posted by らいと at 2009年03月05日 23:05
>あげさん
 いやいや、ひな祭りなんてすっかり忘れてしまうところでしたよ(汗)許せ、娘!(笑)

 色々言って頂きましたが、正直恥ずかしいです。いつも子ども達と向き合えているかと言われれば、そうではなかったと思います。
 自分の常識は他人の非常識ですし、親を見てるだけでは、(肝心な部分は)育たないんだということですね。私は一切ギャンブルはやらないんですけどね(笑)

 もらったお金の使い道をどう考えていたのか…謎です。
 いつまでも、クドクドと話すのもいけないと思っていますが、機会があれば、またゆっくり話したいと考えてます。のびのび出来る風呂ではないので、縮こまりながら話し合います。

 ちなみに今日も一緒に小さい風呂に入りました。なんと、定額給付金の使い道を聞かれてしまいましたよ。時事ネタという点には感心しましたが、金にまつわる話題と言う点でとても複雑な思いでありました。

Posted by らいと at 2009年03月05日 23:21
>ozenさん
 あまりにも少ない雪でした。
 女子大生の妹さん!?…今度紹介して下さい。


 しっかりと「お金」のことを教えているんですね。反省…。金は一生の問題ですから、これからもこまめに教えていくようにします。

 本当に良い機会でした。子よりも親にとって。
Posted by らいと at 2009年03月05日 23:27
>runrunさん
 大金をあげる…びっくりですよね。
 「ケンカして勝った人!」なんてエスカレートしなければいいんですけど。気にはなるのですが、息子の方が問題が大きいので、とやかく言えません。

 ジャンケンに勝ったからもらった、それに、何度もその子に「ホントにいいの?」と念押してもらったようなので、最初に妻から叱られた時には、なぜ叱られるのか混乱していたかもしれません。確かにrunrunさんのおっしゃる通りですね。気づきませんでした。改めて反省です。

 「親が出ず」…賛成ですか。事の大きさから考えると自分としてはグレイなんです。少しホッとしました。
 子どもたち同士でじっくり話し合ってもらうのが一番いいことだと思っているんですけどね。

 お礼なんてやめて下さい! runrunさんがこんな親にならぬよう、私が反面教師であれば幸いかと(笑)


Posted by らいと at 2009年03月05日 23:46
>みなさん
 改めて、コメントありがとうございました。

 runrunさんのコメントにちょっと励まされましたが、「親は出ず」という点についてはどう思いますか?


「親は出ず」の結論の前に、

 ・相手の親御さんに謝罪する
 ・「お金をあげる」行為の失敗に学ぶ
 ・いっしょにジャンケンをした失敗に学ぶ

 という点からも、関係した子の親御さん、あるいは担任先生、それから児童ともこの体験を共有することも大切なのではとも考えたんです。まさに良い機会でもあったんですよね。


 正解を求めるつもりはありません。

 みなさんならどうしますか?
Posted by らいと(みなさんへ!) at 2009年03月06日 00:07
出遅れました。。

私は、小学2年の女の子が1500円もの大金をお財布に入れてる事に驚きました。

お兄ちゃんのお友達(らいとさんの息子さん達)の気をひきたかったのかもしれませんね。

お金は大事な物だとわかってても、
目の前で「勝ったらあげる〜」と言われたらジャンケンをしてしまうと思うんですよね。。
偶然にも勝ってしまって約束通り貰ってしまった・・・。

こういう事があって、初めて人から簡単にお金や物を貰ったらいけない事がわかるんだと思うんですが…どうでしょう。
何も起こってない時に言われても、わからないかもしれませんね。。。

子供は何か問題を起こすのは普通ではないでしょうか?
それを解決し親も子も成長していくのではないでしょうか。。。

子供のいない私が言うのもどうなんだか・・・(・・;)


「親は出ず」の件ですが・・・
私は向こうの親御さんにも問題があると思います。
お金をジャンケンで貰ってきてしまった事を言うと同時に、
お金を簡単に人にあげないでほしい事など・・・
言ってもいいんじゃないでしょうか。。。

で、今回の事は「ひとつ親も子も成長した」と思うのはどうでしょうか。。。

いいアドバイスができなくてすみません。
Posted by シシ at 2009年03月06日 16:51
>シシさん
 貯金箱ならともかく、財布に入っているというのは驚きますね。
 その子がどういうつもりでこんなことを言い出したのか…確かに気を引こうとしたのかもしれませんね。ほんのはずみの出来事だったと信じたいです。

 起こってみないとわからないことだったのかもしれません。ちょっと古い流行語を借りれば、想定外でした。
 そうそう親も成長しなけりゃいけないんです。試験なんかなくたって親になっちゃうんですから。シシさんのおっしゃる通りですよ。

 「親は出ず」の件、相手にも問題ありだとは思います。思いますが、もらってきてしまったので何とも言いづらいです。相手の親御さんのことも全然知らないし…。ジャンケンでも負けてくりゃ良かったのに…。

 参考になりましたよ。

Posted by らいと at 2009年03月07日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック