2010年03月22日

成長

 卒業式に見事な合唱を披露してくれた息子たちですが、実は、卒業生は式の直前にも練習していました。
 なんと、そこで、息子は号泣したらしいです。

 卒業生全員が呆気にとられたようです。

 なぜ泣いたのか、きっと本人もよくわからないでしょう。

 でも勝手に想像すれば、辛かったことを思い出し、今の仲間たちと別れることが寂しかったのだと思います。
 息子は今のクラスが本当に気に入っているようでした。
 友達と思いっきり遊ぶためにスイミングスクールも1か月早く辞めたほどです。
 そんなにみんなと遊びたいだなんて、1年半前の5年生の夏ごろには全く想像の出来ないことでした。
 何しろ当時は最悪でした。学級崩壊に近い状態だったと思います。
 (前にも書きましたっけ?)

 男子は完全に二分してました。その片方の中心人物が問題でした。
 授業中でも落ち着きがなく、仲間も追随し、それが授業の妨げになっていました。わがままで、またちょっとしたイジメもしていました。もう一つのグループの男子や女子たちは、そういう状況にうんざりしていました。秋に予定されていた臨海学校に行きたがらない子どももいたほどです。息子もそのうちの一人でした。脱毛症になった子もいました。

 このクラスの状況は、全校でも注目され、担任ら先生と父母が話し合う機会が用意されました。
 しかし、当の児童の母親は、全く状況を受け入れられず、「男の子は落ち着きがないのは当たり前」(もう高学年ですよ…)とか、挙句の果てには全てを先生のせいにしました。(その結果、6年生の時には担任が変わりました)一部の父母は事前に相談までして臨んだのですが、まったく話になりませんでした。


 もう卒業まで諦めるしかないのか…


 しかし、子どもたち自身に変化が生まれました。
 「落ち着きのない」子どもたちのうちの何人かが今までの行動が間違いであったことに気付いたのです。その子たちは、よく母親と話をするそうでした。そういう会話の中に何かきっかけがあったのでしょう。
 そして、ついに彼らはその中心人物に別れを告げ、グループから離れていきました。
 これをきっかけに、クラス全体の人間関係と雰囲気が変わっていったのです。
 転入生が一人いまして、彼の存在も影響していると思っています。



 今では、かの中心人物から全ての子供たちが離れて行きました。

 (この状況も決して良いとは思いませんが、何度かあった仲直りの機会に、彼が応じなかったようです)



 完全とは言えませんが、こういう事態があったからこそ、クラスの友情が深まったようです。


 特に仲良しの男女十数人は、卒業式のあと、いっしょにランチに行きました(まったく!)明日は遊園地に行ってきます(ほんとに羨ましい限りです)。少数の保護者がつきますが、保護者も団結が強まっています。



 学力はともかく、息子たちは、かけがえのない素晴らしい小学校生活を送れたと思っています。




 明日は、彼らには思う存分楽しんで小学生最後の思い出を作ってきてもらいたいです。



               ぴかぴか(新しい)
posted by らいと at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
卒業おめでとうございます。

その昔、僕はいじめられっこでした。
今じゃ考えられないですが(笑
ただし、いじめっ子には絶対従わない頑固者。

中学に入る頃には、いじめっ子隊長の周りには
誰もいなくなり、僕の周りが大きく変わりました。
みんな間違いに気づいたのでしょう。
そのうちに隊長も、小さくなりながらも皆に溶け
込みました。

ご子息もいろいろあったようですね。
大人になってから、その事を笑って語り合える
仲間になると最高でしょう。

子ども達は大人のように「昔の事」をいつまでも
引きずらないでしょうから、みんなに受け入れる
気持ちがあれば、その中心人物も変わるでしょう。
みんな成長の過程ですからね!誰にでも間違いは
あるんですから・・・
僕の人生も大きな間違いが何度となく・・・(爆



Posted by ozen at 2010年03月23日 21:52
>ozenさん

 ありがとうございます。

 ozenさんも…、しかしいじめっ子に従わないとは…徹底的にやられるタイプ?(笑)


 実は、らいともいじめられっ子でした。
 みんなから集中的にやられるのではなく、特定の人物からいじめられてました。



 小学校の時は、良くも悪くもある人物を中心にクラスが動いていたのですが、転入生をきっかけにガラッと変わったんです。
 このことが、事態は必ず変わるんだという信念につながっています。ちょっと他力本願的ですけどね。

 息子は良い経験をしました。これから、学区の関係で、半分の友人と中学が別れることになりますが、将来クラス会なんかでは盛り上がるでしょうね。

Posted by らいと at 2010年03月23日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック