2012年05月28日

琢磨V逸

塚越広大のフォーミュラニッポンの待望の初優勝は圧倒的でした。
ファステストを取っていれば完璧でした。

デビューシーズンからチャンスはありましたがなかなか勝てず、
同期のライバルにも先を越されましたが、やっと4年目で悲願を達成しました。

この先も勝ち星を増やして欲しいです。


贔屓の選手が勝ち、この日は他の2つのメジャーレースにも期待しました。

F1モナコGPでの小林可夢偉は、スタート直後に他車のクラッシュに巻き込まれ、それが原因で早々にリタイヤ。残念。

しかし、その後行われたインディ500では佐藤琢磨が大活躍。
トップを行く名門チームの2人を追い掛け回し、最終ラップの第1コーナーでトップに立つべくインに飛び込みました。結果はスピンアウトクラッシュ!
琢磨らしいといえば琢磨らしいです。伝統の1戦なので優勝を狙いにいくのは理解できます。
よくやった、拍手です。

シリーズ初勝利も遠くない?

でも、バリチェロのコメントが知りたいな(笑)

              モータースポーツモータースポーツモータースポーツ
posted by らいと at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/272313064

この記事へのトラックバック