2012年07月23日

可夢偉4位、琢磨2位



前戦、小林可夢偉は上位につけていたが、自らのピットインミスで後退。クルーを負傷させ、自身も罰金を食らった。チームに対しての不満を爆発させたわけではないだろうが…

しかし、今回も相変わらずバタバタしていた。
予選では、エンジニアとコミュニケーションがうまく取れなかったというか、エンジニアの判断ミスがありQ2敗退、今回も中団からのスタートなった。

決勝はこれまでのバタバタがウソのようにスタートから快走し5位でフィニッシュexclamationそして、上位のベッテルがペナルティで降格し、可夢偉は自己ベストの4位に入賞しましたexclamation×2

次戦は有利なのかどうかわかりませんが、予選も決勝もうまくまとめて、ぜひ…あせあせ(飛び散る汗)


インディに参戦している佐藤琢磨は、予選4位、3番手のポジションからスタートし、最後はトップを追い詰めながら、自己最高、日本人最高位タイの2位フィニッシュexclamation


久々にいい1日でした。


           モータースポーツ     モータースポーツ     モータースポーツ     モータースポーツ


posted by らいと at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック