2010年01月21日

新型

 マツダが新型Mazda5(日本名プレマシー)を発表しました。
 ヨーロッパでは今秋販売開始になるそうです。国内は来春でしょうか…。


100120a.jpg

 FMCなんでしょうか?
 ウィンドウ部はまるっきり現行車です。

 フロントマスクは、アテンザ、アクセラと同じようなマツダ顔です。
 リヤは、ランプが横型になってしまいました。私は現行のピラーに配置された縦並びのランプが好きです。
 サイドのプレスラインはどうでしょう…。彫が深くところどころ鋭いエッジを立てるような複雑な造形が現在のトレンドの中で、マツダは割とシンプルな面を構成していたので安心していたので、ちょっと意外でした。でもコンセプトモデルの「流れ」と同じなので、テーマが統一されているという点では好感が持てます。

 インパネ回りもカッコ良くなっています。


 買い換えたいとは思いませんね。現行車をあと5年は乗らなくちゃ。
 でも…フロントフェンダー、バンパーだけでも交換できないかな(笑)
 できれば、エンジン、ミッション、リヤシートもアームレスト付に交換したいです。



 妄想しながら、この次のモデルを待ちましょう。

posted by らいと at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

ハチロク

 ちょっと刺激的ですね。

 かねてから噂されていた、トヨタと富士重工の共同開発車が今度の東京モーターショーに出品されます。
    トヨタ FT86 コンセプト - 東京モーターショー 2009 特集

 

 寸法はかつてのセリカと同等。取り回しは良さそうです。
 車高も低いです。スポーツタイプはこうでないと。
 デザインは、レースなどのちょこちょこ参加しているスポーツカーに似ています。スマートでありながら、ドッシリ感もあります。

 シートなどの内装はいかにもコンセプトカーという仕上がりですが、市販は決して遠くないでしょう…願望。


 息子が免許を取る頃には、簡単に購入できる状況になっているといいのですけど!



             車(セダン)
posted by らいと at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

こっちが好き

 ガンダムよりやはりこちらが好きです。

  090824ケンメリR.JPG

 ケンメリ・スカイラインGT−Rのレース仕様です。
 生産台数200台未満と言われ、歴代GT−Rの中で希少です。
 このレース仕様は、1972年の東京モーターショーで公開され、とても有名なのですが、実際に走ることはありませんでした。というか、外観だけのショーモデルでした。

 発表から35年後の2007年に、日産の有志がコツコツと走れる状態に作り上げ、富士スピードウェイで行われたイベントで初走行を果たしました。

 この話を知ったときには感激しました。




        0908242000GT.JPG


 とても好きなクルマです。
 トヨタ2000GTです。
 これは市販前にスピードトライアルに参加した車両です。


             車(セダン)
posted by らいと at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

インディ デビュー?

090314オーバル.JPG

何やら広い道ですね〜

先行するクルマはシビック?
屋根の上には、青いパトライトが点滅していますねぇ。


カーブが傾いています。カーブの外側には、大きな看板が‥‥変わった道ですねぇ。


お〜〜〜っexclamation、ここはツインリンクもてぎのスーパースピードウェイじゃないですかexclamation&question
先行するクルマはペースカーじゃありませんかexclamation×2

いよいよ、らいと選手もインディカーレースにデビューかぁぁぁexclamation&question



               車(セダン)
公式発表! (笑)
posted by らいと at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

観察記

 お隣さんが新車を買いました。

 フリ○ドです。ホンダのクルマで、今、売れています。

 発表前から大々的に宣伝されていましたが、らいと家には少々小さめだと思われたし、そもそも購入時期ではないので、興味がありませんでした。

 でも…フロントはカッコいいです。
 今のホンダの中でも一番ですし、他社のクルマを含めてもカッコいいと思っています。
 その割には、後ろ半分が物足りないと感じていました。

 いつも近くに停まっていると、いやでもよく観察できますわーい(嬉しい顔) そして発見が…


 後半部でも特に嫌いな後方側面ガラスの形状。遊びすぎたと思っていました。よく見ると最後方の柱の部分に隙間が…。パネルの継ぎ目です。でも、目立ちません。普通のクルマだと継ぎ目をなくしたり、リヤランプを中間に入れてごまかします。継ぎ目を無くすにはそれなりのコストがかかると思います。ランプを入れずに継ぎ目を目立たなくさせコストとデザインを両立させる、なかなかのアイデアだと思います。(単なる私見ですので、実際のところはわかりませんけど)赤○部

 それから、スライドドアのレール。
 スライドドア車のデザイン上の欠点がこのレール。嫌う人もいるようで、デザインも色々苦労しているようです。普通、このレール、真っ直ぐなんです。でも…微妙に湾曲しています。そして、その前方の延長線上にプレスラインが繋がっています。お見事です。(もっとも他のクルマをよく知らないだけなのかもしれません)青○部


         photo02.jpg


 まっ、とにかく新車は羨ましいです。


          車(RV)
posted by らいと at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

GT復活

 今朝は久々に景色が白く染まっていました。
 でも、すでに雨に変わっていて、午後には太陽も覗き、すっかり雪は消えてしまいました。




 現行カローラ(10代目 アクシオ・セダン)に元気な“GT”が追加されました。

 たかがカローラとお思いの方が多いでしょう。
 でも、私はカローラは日本車のスタンダードだと思っています。

 営業車として廉価グレードが沢山走っていますが、ちょっと年配の方のマイカーとしても愛用されています。そして、かつては元気なGTバージョンがあり、広範囲のマーケットに適用していました。
 このGTは私も乗っていました。ハチロクとも兄弟であったり、リッター100馬力のエンジンを搭載していることもありました。
 しかし、8代目を最後に、GTは消えていました。

 今回追加されたのは、トヨタによるものではなく、レースや架装を担う関連会社による改造車です。
 それでも、ターボを付けてリッター100馬力を達成しています。
 この復活は嬉しいです。


 トヨタは、このクルマをベースにワンメイクレースをスタートさせます。また、大幅に改造を施して人気のスーパーGTにも投入します。スーパーGTのチャレンジは意外ですが、トヨタの戦略が何かあるのでしょう。


 スポーツカー人気も景気も低迷していますが、少しでも刺激になってくれればと思います。


posted by らいと at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

いったい…

 今日、日本車(セダン)・オブ・ザ・イヤーが発表されました。

 受賞したのは、あのコンパクトなクルマ。

 え〜〜っ、もう発売されていたの???


 このクルマは、かなり前からプロトタイプが公開されていました。
 その頃の、発売はまだ先という印象が、最近ニュースに登場しても、またプロトタイプの話か…と私を誤解させていました。ですから、グ〜ット・デザイン賞を受賞した時も、ちょっと違和感がありました。
 
 改めて調べてみると、市販車が発表されていたんですねぇあせあせ(飛び散る汗)
 発売は今月下旬から、販売店での発表展示会は来月初旬だそうです。

 でも、でも、いくら選考基準に合致しているとはいえ、
 発売されていない乗用車の受賞というのは、ちょっとシックリ来ません。


 まっ、受賞がきっかけで、このクルマが計画以上に売れて、他車の販売も刺激し、連鎖反応が次々と起きて、しまいには、世界の景気が回復するなら、そりゃもう大歓迎なんですけどねぇ。




 ちなみに、次点は、おフランス製でした。
posted by らいと at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

意外や意外

 最近、子ども達がよく口ずさむ歌・・・

 アライグマ・マ・マ・マ・マ・マ・マ・マ・マ♪
 マントヒヒ・ヒ・ヒ・ヒ・ヒ・ヒ・ヒ・ヒ・ヒ♪
 ヒトコブラクダ・・・♪

 某社のクルマ・シエ○タのCMソングです。

 楽しい歌だなぁと思いつつ、どこかで聞いた事があるような・・・

 ということで、早速メーカーのHPにアクセスしてみると、
 尻取りRockn’n Roll
 という曲名であることがわかりました。
 でも、オリジナルの歌手がわかりません。

 で、ネットを検索してみると・・・・

 おぉ〜〜、あの人たちでしたかぁ。

 全然、クルマとCMの雰囲気とは違う方たちでしたぁ。
 
 ・・・ということで、調べてみて下さい(笑)

            音楽

            モータースポーツ


 もう1つ意外なニュース。
 山本左近ルノーF1チームのテストドライバーとして契約しました。

 ルノーは昨年は不調でしたが、今年はフェルナンド・アロンソが復帰しチャンピオン奪回を目指そうとチームです。しかも、あまり日本と関係のないチーム(日産とは提携・・・)なのに、テストドライバーとはいえ契約するとはすごいことです。
 昨年途中からF1に復帰した時もも驚きましたが・・・。彼のマネージャーはよほど優秀なのでしょうか。

 ルノーといえば、その前身ベネトン時代に光貞秀俊がテストドライバーとして契約したことがあります。その時はシーズン途中で解雇になり残念な思いをしました。

 そんなことがないように、これからもサプライズに期待しますexclamation×2


             モータースポーツ

 
posted by らいと at 23:26| Comment(3) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

えくぼ

 公園の駐車場に停めていた愛車プレマC。
 気がつくと、右スライドドアに笑窪のような凹みが!
 小さな凹みですが、ペイントが剥げる擦り傷と違って、光の加減で目立ちます。しかも上のほうですもうやだ〜(悲しい顔)
 プレマCを買ってから約2年半、とうとうやられました。

 隣のクルマの後部のヒンジドアを開けた時にぶつけられたのでしょう。ほとんどのクルマの後部ドアは、ちょうどタイヤハウスの上がL字型になっています。これが凶器になります。
 笑窪発見時に、隣に停まっていたクルマは大型のセダン。このクルマのドアではなさそうです。少し前に荷物を取りにクルマに戻った時に隣に停めてあったクルマは車体の高いRVでした。きっとそのクルマが犯車です。

 普段、駐車場に停める時は、家族に文句を言われようとも、目的地から離れていようとも、空いているところに停めるのですが、この時は、満車状態だったのでやむを得ませんでした。

くやしい〜〜〜!

 ただ、正直に懺悔すれば、
 一度だけ加害者になり逃亡した事があります。
 まだ2歳だった頃の子どもがやってしまったのですふらふら
 レガシィに乗っているときでした(このドアがまた危険な形でした)。
 もちろん私が悪かったのです。いつもは一緒にドアを開けていたのに、この時は隙がありました。
 相手に迷惑をかけてしまったこと、逃亡してしまった事を今でも反省しています。この時は、これ以上他人に迷惑はかけられないと、ドアのエッジ部のガードを買って貼り付けていました。カッコ悪くても仕方ありませんでした。また、プレマC購入検討の際にスライドドアを選んだのも、こういう事故を防止する目的もありました。


 ちなみに、レガシィは3、4箇所笑窪がありました。その前のセリカにも2、3箇所ありました。被害件数の方が圧倒的に多いです。
 プレマCがこれまで笑窪知らずでいたことは、むしろ幸いかもしれません。最近、スライドドア車が普及した事も要因でしょう。


 プレマCも少しずつ傷が増えてきました。
 愛着が薄れないように、これからも大切にします。

 
posted by らいと at 23:48| Comment(3) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

マイチェン

 広島産のべ・・・じゃない、プレマCが2年目のMC(マイナーチェンジ)を行いました。

 正直気になります。

 プレマCは新車購入4台目となります。うち3台はFMC(フルモデルチェンジ)直後に購入しています。長く乗るつもりでいるので、少しでも古さを感じたくないのです。それに、MCでは、それほど性能がアップすることもないし、どちらかというと外装をキラキラに着飾ることが多いとの印象があるからです。キラキラ外装は好きでありませんし、オリジナルが一番カッコ良いと思っているからです。

 しかし、今回はちょっと違います。
 大きくは2つあります。
 1つ目はエンジンとミッションです。
 FMC時点で、エンジンの性能が他車に比べ劣っている(数値上)と思っていました。またミッションも4速でしたので、CVT(無段変速)や5速を他車が採用しているの状況では、物足りなさを感じていました。無段変速は嫌いなので、5速は欲しかったのです。購入前から切望していました(笑)
 その理由を(ホントに)単純に言うと、100km/hまで加速するのに、4速では3回、5速では4回変速するわけです。回数が少ないとそれだけ変速時のショックが大きいのです。また、違う見方をすると、4速で100km/h出せるとすると、5速ならばエンジンの回転を下げて100km/h走行ができるのです。エンジンの回転が下がれば、静かになるし、燃費も良くなります。さらに変速数が多ければ、それだけ選択肢も増えるので、下り坂などでエンジンブレーキを使う際にもより最適な速(ギヤ)の選択ができるのです。

 2つ目は2列目シートの窓側のアームレストの追加です。
 たぶん、ほとんどのクルマには窓の下にはアームレストがついていると思います。アームレストと呼べなくても、内張りに凹凸をつけて、肘が乗るようになっていると思います。
 しかし、それがなかったのです。購入後に不便さに気づきました。スライドドアの構造上やむを得ないかなと思っていました。クルマの中心側にはアームレストがありますが、やはり窓側に寄りかかって、外を眺めながらくつろいでいたいと思いませんか?私はまず2列目に座ることは無いと思いますが、窓の位置も高いので子ども達には少しかわいそうと思っています。

 買い換えるつもりは毛頭ありませんが、この2点が交換できたら、もう完璧のクルマです!
 (買い換えた方が安く済みます・・・いずれにせよ経済的に絶対無理! はい)


 プレマCの購入を検討されている方、そうでない方も、今が買いです!!!
 そして、交換して下さい(爆)

 
posted by らいと at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

マイナーチェンジ

愛車マイ・プレ(マツダ)車(RV)は購入して1年ちょっと。
マイナーチェンジしました。


その1 ハンドルがウレタン製から皮製になりました。
 実は、ウレタン製のハンドルに皮を巻いたのです。
 レザーラップという商品を取り付けました。
 といっても、パチンとはめ込んだり、ビスで留めたりというものではなく、自分で縫いこむのです。
 なんとか出来るだろう・・・とやってはみたものの、出来栄えは7〜80点というところです。
 このハンドルで、先の親族会に出かけました。



その2 全長が短縮しました。
 これって車検証の記載事項が変わってしまうんじゃないですか??
 どうやったかというと、あ〜して、こ〜して・・・・

 追突されました〜〜〜!
 なんと、相手は叔父です。
 親族会の帰りのことです。

 緩い下り坂で、縦列に停車したあとに、うっかりブレーキが緩んでしまったようです。
 軽い衝撃だったので、乗員にケガはありませんでした。
 リヤバンパーには、しっかりとナンバーとビスの痕が・・・もうやだ〜(悲しい顔)

 事故処理に慣れている(?)叔父がさっさと警察に連絡して、一行から離脱し、交番へ行きました。
 免許を取ってから警察にお世話になるのは初めてのことでした。

 その後、バンパー全体が凹んでいることがわかりました。

 業者と私の都合が合わずまだ修理していませんふらふら



その3 皮細工(?)の続き。
 適当な皮を買ってきて、セレクトレバーノブとサイドブレーキレバーに皮を巻きました。やっと今日完成しました。

 この状態で明日から二泊の旅行に出かけます。
 行き先は福島県いい気分(温泉)です。
 天気が悪そうなので、遊び場は未定です。

 気をつけていってきます。

 みなさんも事故には気をつけてくださいね!!
posted by らいと at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

私が好きだった・・・3

 行ってきました『私が好きだったセリカ展』

     060708セリカ.jpg

 昨日、義母の7回忌の為、横浜に行ってきました。
 その帰りに、お台場に寄ってみることになりました。
 というか、都会に不慣れな私としては、他に行けるところはそれほどありませんふらふら

 ナビのおかげで一般道を使ってスーイスイ・・・と思いきや、立体の交差点ではかなり危険な車線変更を要求されましたあせあせ(飛び散る汗)

 現地に着くと、すぐ女チームと男チームに別れ、女チームはヴィーナスフォートでおしゃれにお買い物ということになりました。

 メガウェブは1年半ぶりでしたが、息子にとってはクルマに興味を持ち始めてからは、初めての訪問だったのです。どこから見ていいのかわからない状態で、セリカなんてどうでもよい感じ・・・。息子には時間が少なかったようです。
      060708エフワン.jpg   060708ル・マン.jpg

 F1を見たり、グランツーリスモに登場するル・マンカーを見たり、掲示物を読んだり、大忙しでした。機会があれば、また連れて行ってやりたいです。

 
 ちなみに女チームの買ったものは・・・お菓子でしたわーい(嬉しい顔)

 帰りもナビをセットして・・・・すぐ湾岸線に入るのかと思っていたら、なんとレインボーブリッジに誘導されてしまいました。遠回りの上に、渋滞もうやだ〜(悲しい顔)

 おい、ナビ! しっかりしろ!
 都会ではお前だけが頼りなんだから!
posted by らいと at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

私が好きだった・・・2

 こっそり保存しておいたセリカ関係の写真を紹介します。
 
 初代XX。
   051030XX.jpg

 半年ほど前、目撃しました。
 かれこれ30年近くになるクルマですが、普段の足に使っているようでした。
 アメリカ市場をターゲットに追加されたモデルです。
 XXのエンジンは、セリカの4気筒に対し、6気筒でした。
 私にとってのセリカは4気筒エンジン。XXはセリカじゃない・・・。

 ちなみにXXデビューと同じ頃、4ドア(!)セリカも登場しました。
 セリカ・カムリ、今のカムリです。
 これは、販売戦略上というよりも、モデル新設の為の経費を抑えるのが目的だったような気がします。



 やはりセリカといえばモータースポーツです。続きを読む
posted by らいと at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

私が好きだった・・・・

 東京・お台場にあるメガウェブで、先日生産中止になったセリカの企画展が始まります。

 題して「私が好きだったセリカ」展です。

 出展車の内容はいまひとつなので、わざわざ出向くことはありませんが、機会があればぜひ行きたいと思います。

posted by らいと at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

GTは道をあけた

 ザ・ローリングストーンズの「サティスファクション」が流れる。
 テレビの画面には、坂道の頂点が映っている。
 坂道を登りきって登場したのは、角4灯ライトにフェイスリフトしたトヨタ・セリカでした。
 コピーは、 

  「名ばかりのGT達は、道をあける」

 2代目セリカ(40系)のマイナーチェンジ時のCMです。
 80年の頃です。

 挑戦的なコピーでした。
 セリカには初代からGTというグレードがありまして、GTにはDOHCという形式のエンジンが搭載されていました。DOHCはレース用エンジンには当たり前のように採用されている形式で、その目的においては高性能なのです。現在では市販車にも多く採用されていますが、当時は、世界的にも珍しかったのです。
 当時、日本にはGTを名乗る有名なライバル車がありまして、そのクルマを意識していることは明らかでした。

 そのセリカが生産中止になるというニュースがありました。
 すでに、アメリカにおいては販売を中止していましたし、次期車開発の情報もありませんでしたので、時間の問題とは思っていました。しかし、現実となると寂しいです。

 私は、クルマに興味がない頃から、セリカ(初代)は知っていました。個性的で未来的なデザインだったのでしょう。クルマに興味を持つようになり、リフトバック(LB)の存在を知って、一目惚れをしました。
 小さい頃からファストバック(ルーフから、テールエンドまで直線的に結ばれ、トランクの段がないデザイン)が好きでした。初代ギャランGTO、ケンメリスカイラインなどがファストバックでしたが、ルーフからのラインのスムーズさや、全体のバランスの良さなど、セリカLBが圧倒していました。

 大きくなったらセリカLBに乗りたい・・・・・・憧れていました。

  060414セリカ.jpg

 ここ数年、いわゆるクーペ、スポーツカーの人気が低落しています。シルビアやRX−7もなくなっています。私は、今でもスポーツカーに乗りたいと思っていますが、今の若い人は男も女もミニバンなどが好みのようです。実用性重視なのでしょうか・・・。


 
 セリカの歴史が止まります。(あえて止まると言う!)

 GTは、ミニバン達に道を譲ってしまいました。
posted by らいと at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

クルマの冬支度

 タイヤをスタッドレス(スノー)に交換しました。

      051211スタッドレス.jpg

 1時間もあれば、楽に交換できると思いましたが、苦戦しました。

 まずジャッキアップでてこずりました。
 重い!!!あせあせ(飛び散る汗)
 前のレガシィに比べて重い!
 車載ジャッキを使いましたが、初めて使用したせいか堅かったです。
 ジャッキを回すクランクもレガシィのは、一本で出来ていましたが、プレのは、棒の先にタイヤレンチをはめ込むタイプなのでこれも回しづらかったのです。
 右半分を終えたところで昼食タイムにしました(昼食準備)
 左半分は工具も私も慣れてきたので少しは楽でした。
 それにしても疲れましたふらふら

 思ったよりカッコイイホイールで良かったですわーい(嬉しい顔)。気に入っています。


 こういう作業をしていると子ども達は手伝いをしたがります。
 手伝いたいと思うときに手伝わせたいのですが、ジャッキアップをするので、クルマのそばには近づかせられません。
 外したタイヤを洗わせ、つぎに家の裏まで移動させました。
 タイヤを転がすのが楽しいのです。
 しかし・・・

     「あっ!」
 
 と、長男。
 見るとタイヤが倒れています。
 しかも表側を下にして・・・
 慌てて、追いかけてタイヤを起こすと、そこには大きな石がありました。
 ホイールを見ると・・・・・・

      しっかりと傷が    もうやだ〜(悲しい顔)

 このまま通年スタッドレスタイヤを履かせていたくなりました。 

posted by らいと at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。