2017年04月05日

スーパー耐久シリーズ

突然の復活、気まぐれな投稿です。

4月1日、2日、スーパー耐久シリーズを観にツインリンクもてぎに行ってきました。

続きを読む
posted by らいと at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

可夢偉復帰

可夢偉、2年ぶりのF1復帰戦はスタート直後の第1コーナーのクラッシュで終わりました。
クラッシュの原因は予想通りマシントラブルでペナルティにならず安心しましたが、初日の金曜日に続き周回を重ねられなかったことは今度の開発にも影響しそうです。
他車との比較もできませんでした。



レース全体は、思っていたより、平凡でした。


モータースポーツモータースポーツモータースポーツモータースポーツモータースポーツモータースポーツモータースポーツモータースポーツモータースポーツモータースポーツモータースポーツモータースポーツ


posted by らいと at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

可夢偉F1復帰!

ついに正式に決まりました。
2年ぶりの復帰。



まずはF1シーンに戻って来ることを素直に喜びたいです。

チームのこれまでの実績からは好成績は望めませんが、今季はレギュレーションが大きく変わりますので形勢が変わる可能性が高いですし荒れるレースもあるかもしれませんので、少し期待できます。

今月末に行われるテストに注目です。


posted by らいと at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

山本逆転王者!!

スーパーフォーミュラ最終戦第2レースで、山本尚貴が3番手でチェッカーを受け逆転で年間チャンピオンexclamation×2

あとは正式結果を待ちましょう。

 モータースポーツ  モータースポーツ  モータースポーツ  モータースポーツ  モータースポーツ  モータースポーツ  モータースポーツ
posted by らいと at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山本尚貴初優勝!!

スーパーフォーミュラ最終戦第1レースで、山本尚貴がついに初勝利exclamation×2

前日の予選も他車を圧倒していましたが、その勢いでゴールまで突っ走りました。

逆転チャンピオンの可能性もあります。午後のレースも連勝といきましょうexclamation


 モータースポーツ  モータースポーツ  モータースポーツ  モータースポーツ  モータースポーツ  モータースポーツ  モータースポーツ


posted by らいと at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

山本尚貴GT初優勝

またまたサボっています。
次のネタは山本尚貴のスーパーフォーミュラ(旧フォーミュラ・ニッポン)初優勝かなと思っていましたら、表彰台をゲットするものの頂点には立てず…。

しかし、スーパーGTで初優勝を飾りました。伝統の鈴鹿1000kmレースです。
おめでとうexclamation×2


今度こそスーパーフォーミュラ優勝だexclamation

そして、さっさと日本を飛び出して欲しいわーい(嬉しい顔)

彼のことをネタにするのは2年ぶりあせあせ(飛び散る汗)
posted by らいと at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

ホンダ、F1復帰


ホンダとしては7年ぶり、マクラーレン・ホンダとしては23年ぶりの復活となります。
あの頃のことはハイビジョンのようにくっきり覚えている光景もあります。

2015年が待ち遠しい。



           モータースポーツ
posted by らいと at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

琢磨2位


深夜、ライブタイミングで経過をチェックしてました。
優勝と思ったら2位に落ちていてガッカリ。
なかなか後続を引き離せないようだったので心配はしていたんです。
でも2戦連続表彰台でランキングトップに躍り出ました。

12番手スタートからの追い上げ、接触せずしっかり入賞したところなど、今までの琢磨とは違うかなと感じます。
次回は伝統のインディ500です。
クラッシュなしでいきましょう!
posted by らいと at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

琢磨ついに勝つ!

ついに…ついにこの日が来ました。

佐藤琢磨がインディシリーズ初優勝を飾りました。



次の目標はインディ500制覇でしょうか。昨年の雪辱を果たすことにもなりますし…

くれぐれもケガをしないように、これからの活躍を祈っています。
posted by らいと at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

広大チャンプ逃す

塚越広大フォーミュラニッポンのチャンピオンを逃しました。

2レース制の最終戦、広大は1レースの予選は3位、2レースの予選は2位、どちらも上位につけました。
一方ランキング首位の中嶋一貴はどちらも下位に沈みました。

第1レースは、広大は3位、優勝は広大のチームメイト伊沢拓也で、ランキングではこの二人が共に一貴を逆転し首位に並びました。

第2レースを前にチャンピオン争いは一貴に浮上の予感はなく、上位からスタートする広大が有利と思われました。スタートで2位につけた広大、この時点でも広大が有利でした。

ところが、
タイヤ交換が義務付けられていた第2レース、一貴は1周を終えるとタイヤ交換を完了しました。
その後、一貴は第1レースとは別人の様な快走を続けます。
遅れてタイヤを交換した広大がコースに復帰した時には一貴が広大の前に出ました。
そしてついに一貴はトップの躍り出てそのままチェッカーを受けました。

劇的な再逆転劇でした。
直接的なバトルはありませんでしたが、チャンピンを目指す気迫が伝わってくるレースでした。
広大がチャンピオンを逃したのは残念でしたが、F1まで上り詰めた一貴の強さを見ることができました。WECの勝者でしたねあせあせ(飛び散る汗) 見事でした。拍手です。

来年はもっと面白くなって欲しいです。
広大には連戦連勝でチャンピオンになってもらいましょう。

一貴はもう卒業かな?


posted by らいと at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

WEC一貴優勝

富士スピードウェイで開催されたWEC世界耐久選手権レースでトヨタがアウディとの接戦を制し今季2勝目を飾った。
中嶋一貴は20年ぶりのFIA世界選手権の日本人勝者となった。


オレカ・ニッサンの中野信治はクラス優勝。
井原慶子はクラス6位、佐藤琢磨は総合17位、小林賢二も完走を果たしました。

インターネットのライブ中継でところどころ観ていましたが、なかなか面白かったです。


posted by らいと at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

可夢偉初表彰台

小林可夢偉が地元鈴鹿で、ついに初の3位、表彰台に立ちました。

前日の予選は4位。
繰り上げの3番手から見事なスタートで2位に上がり、途中フェリペ・マッサにかわされましたが、終盤はジェンソン・バトンを抑え、文句なしの3位でした。

自身55戦目。

日本人選手としては、佐藤琢磨の表彰台から8年、鈴木亜久里の地元表彰台から実に22年ぶり。
いやぁ〜長かった。歳も取るわけだあせあせ(飛び散る汗)


それにしてもあんまりTVに映らなかったなぁ。気のせい?

        モータースポーツ   モータースポーツ   モータースポーツ   モータースポーツ
posted by らいと at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

トヨタ優勝

最近もF1、可夢偉の結果はいまひとつ。予選をうまくまとめれば決勝もうまく行くと言われていて、やっと予選で上位に食い込めるようになったと思ったのに、相変わらず決勝では沈んでしまいます。がっかりです。


そんな中、トヨタがF1世界耐久選手権レースで優勝しました。
スポーツカー耐久では、小河等が優勝した1992年以来20年ぶり、また他ジャンルのラリー(WRC)の優勝からも13年ぶりのことです。この13年間、参加していなかったわけじゃなく、勝てなかったんですよね〜〜。

でも良かった。
来月は凱旋レースがあります。
楽しみです。

       モータースポーツ     モータースポーツ     モータースポーツ     モータースポーツ     モータースポーツ







posted by らいと at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

可夢偉4位、琢磨2位



前戦、小林可夢偉は上位につけていたが、自らのピットインミスで後退。クルーを負傷させ、自身も罰金を食らった。チームに対しての不満を爆発させたわけではないだろうが…

しかし、今回も相変わらずバタバタしていた。
予選では、エンジニアとコミュニケーションがうまく取れなかったというか、エンジニアの判断ミスがありQ2敗退、今回も中団からのスタートなった。

決勝はこれまでのバタバタがウソのようにスタートから快走し5位でフィニッシュexclamationそして、上位のベッテルがペナルティで降格し、可夢偉は自己ベストの4位に入賞しましたexclamation×2

次戦は有利なのかどうかわかりませんが、予選も決勝もうまくまとめて、ぜひ…あせあせ(飛び散る汗)


インディに参戦している佐藤琢磨は、予選4位、3番手のポジションからスタートし、最後はトップを追い詰めながら、自己最高、日本人最高位タイの2位フィニッシュexclamation


久々にいい1日でした。


           モータースポーツ     モータースポーツ     モータースポーツ     モータースポーツ


posted by らいと at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

カナダとルマン







◆F1カナダGP
小林可夢偉
 9位

一応入賞ですが喜べません。
チームメイトのセルジオ・ペレスが3位表彰台に立ったので余計に悔しいです。チーム戦略は間違ってなく、運が悪かっただけらしいですが、納得できませんね。
運だけ?タイヤの性能が読めないからではないでしょうか?
タイヤサプライヤーは、来年は種類を増やすとか予選タイヤを用意するとかを考えているみたいですが、その前に種類毎の特徴・性能を明確にして、その性能を安定して発揮できるタイヤを供給してもらいたいです。


◆ルマン
トヨタは完敗でした。
ハイブリッド車初優勝の栄光はアウディに。

ハイブリッド車でルマンに挑戦することは、モータースポーツとエコの両立という点で、とても意義のあることだと思います。ぶっつけ本番で臨んだルマンで、予選や決勝序盤でアウディとほぼ互角に争ったことも評価します。しかし・・・

不運な事故もありました。
アンソニー・デビッドソンの他車との接触は明らかに相手に非がありそうですが、中嶋一貴のニッサンとの接触は、一貴に非がありました。この接触とリタイアの原因の関連はわかりませんが、印象は悪いです。

トヨタがそう簡単に勝てるとは思っていませんでしたので、アウディの優勝は順当だと思います。
しかし、最後まで戦えず、しかもその原因がマシントラブル以外ではトヨタも納得できないでしょう。

アウディは車載のライブ映像をスタートからゴールまでネットに流し続けていました。(速度やエンジン回転数などの情報つき)。一方トヨタは数時間後にアップされるテキスト情報のみ・・・。
こういった取り組み姿勢がすでに勝敗を決めていたかも。


インディ(IRL)
佐藤琢磨は4戦連続クラッシュです。
怪我だけはしないように。

                     モータースポーツ   モータースポーツ   モータースポーツ   モータースポーツ
posted by らいと at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

気になる若手

久々に気になる若手の登場です。

小河諒 21歳


父親の故・氏は、1992年スポーツカー世界選手権開幕戦の勝者(マシンはトヨタ)であり、89年全日本F3000のチャンピオンです。F3000では1勝しか記録してませんが、世界選手権レースを制した日本人は希少です。惜しくも世界選手権戦優勝直後の鈴鹿F3000レースにおいて、第1コーナーでクラッシュし亡くなりました。


さて諒は、今年フォーミュラチャレンジジャパン3年目ですが、成績はまだまだですね。
父親も若い頃からド派手に目立ってたわけではないので、のんびり見守ることになりそう…?

             モータースポーツ   モータースポーツ   モータースポーツ   モータースポーツ   モータースポーツ
posted by らいと at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

琢磨V逸

塚越広大のフォーミュラニッポンの待望の初優勝は圧倒的でした。
ファステストを取っていれば完璧でした。

デビューシーズンからチャンスはありましたがなかなか勝てず、
同期のライバルにも先を越されましたが、やっと4年目で悲願を達成しました。

この先も勝ち星を増やして欲しいです。


贔屓の選手が勝ち、この日は他の2つのメジャーレースにも期待しました。

F1モナコGPでの小林可夢偉は、スタート直後に他車のクラッシュに巻き込まれ、それが原因で早々にリタイヤ。残念。

しかし、その後行われたインディ500では佐藤琢磨が大活躍。
トップを行く名門チームの2人を追い掛け回し、最終ラップの第1コーナーでトップに立つべくインに飛び込みました。結果はスピンアウトクラッシュ!
琢磨らしいといえば琢磨らしいです。伝統の1戦なので優勝を狙いにいくのは理解できます。
よくやった、拍手です。

シリーズ初勝利も遠くない?

でも、バリチェロのコメントが知りたいな(笑)

              モータースポーツモータースポーツモータースポーツ
posted by らいと at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

塚越初優勝!

塚越広大
フォーミュラニッポン第3戦、オートポリスのレースで
初のトップチェッカーを受けました。

予選、全セッショントップ通過、決勝もポールtoウィンです。

あとは正式発表を待ちましょう。

                   モータースポーツ
posted by らいと at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

可夢偉5位

小林可夢偉は自己最高位タイ。
久々の上位入賞だし、バトン、ロズベルグをオーバーテイクして嬉しいはずなのですが…




優勝はウィリアムズのパストール・マルドナド。

待ちに待った初優勝、意外な初優勝があります。
前者は、先日のニコ・ロズベルグ、マーク・ウェーバーの場合ですが、後者は、セバスチャン・ベッテル、古くはオリビエ・パニス、大昔ならアラン・ジョーンズの場合ですね。

マルドナドの場合は…後者です。
何しろ今回が初表彰台、これまでの最高位は8位だったのですから。
でも、完璧な勝利でした。



                    モータースポーツ   モータースポーツ   モータースポーツ   モータースポーツ
posted by らいと at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

琢磨インディ初表彰台

久々の更新です。
GW中に同窓会を計画していまして、その為のブログも管理しています。
そちらの方が忙しくて、こっちはサボってます。


F1では小林可夢偉がパッとしませんが、佐藤琢磨がインディで初表彰台をゲットしました。
スタート直後から公式HPのライブタイミングを見ていましたが、あれよあれよといううちに上位に浮上しました。最後までトラブルや事故に巻き込まれず良かったです。


posted by らいと at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。