2010年06月03日

インディとトルコGP

◆F1
トルコGP
  小林可夢偉   BMWザウバーフェラーリ 10位、今季初ポイント。

4強の上位争い、チームメイト同士の激しいバトル、中団の接戦など、なかなか見ごたえがありました。




◆IRL(インディ)
インディ500
  佐藤琢磨    ランキング20位
  武藤英紀    ランキング28位



                      モータースポーツ
posted by らいと at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

広大、初表彰台

◆フォーミュラ・ニッポン
第2戦
  塚越広大    2位
  山本尚貴    5位


広大が地元もてぎで初めて表彰台に上がりました。
嬉しいですが、ちょうど1年前には優勝争いをしていたので、ちょっと遅かった気がします。
最近はエントラントが若手中心になっていますので、2位あたりに留まらないで、次は優勝!



◆IRL(インディ)
今週末は、インディ500の決勝レースがあります。
武藤英紀佐藤琢磨が出走します。
楽しみです。


            モータースポーツ
posted by らいと at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

ハイ、タチです

 トムスの舘代表が参議院選比例区に出馬することになりました。

 一般的には元レーサーという肩書の方がウケが良いですが、トムスの代表としてのキャリアの方が長いですし、国内モータースポーツ界での功績も大きいと思います。

 私は若い頃に、氏に会ったことがあります。残念ながら話す機会はありませんでした。ところが、妻は私よりももっと氏のことを知っているらしく、曰く「ス○ベオヤジ」ということらしいのです。何があったのかは詳しく聞いていません…もう何十年も前のことですのでふらふら。妻も今回のニュースを聞いて驚いていました。

 政党は、栃木県出身でミッチー節で有名だった元首相候補の息子が党首ですので、栃木でも少しは話題になるでしょうか。


 当選した暁には、ぜひモータースポーツ界、自動車業界を元気づけてもらいたいものです。




              車(セダン)

posted by らいと at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

すでに開幕

久々のモータスポーツネタです。
F1もインディも早4戦が終了しました。
いずれも日本人選手は残念な成績です。

◆F1

  小林可夢偉   BMWザウバーフェラーリ

4戦を終えて、完走なし。
しかも、そのうちの2戦では1周も周回していません。



◆IRL(インディ)

  武藤英紀    ランキング18位
  佐藤琢磨    ランキング24位



◆フォーミュラ・ニッポン


開幕戦
  山本尚貴    7位
  塚越広大    8位

宇都宮出身の山本がトップフォーミュラにデビューし、同郷の先輩広大を抑えて7位でゴールしました。

この二人のどちらかがチャンピオン(日本一)になったら、ブレックスのように地元でパレードをするのでしょうか…。やらない…やっても人が集まらないか…。いやいや、栃木からモータースポーツを盛り上げてもらいたいですねぇ。




◆イギリスF3

  中嶋大祐 開幕戦第2レース 2位



  中嶋一貴…。お〜〜い、どこ〜〜〜?



            モータースポーツ
posted by らいと at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

開幕

 ついに今季のF1が開幕、本日、バーレーンGPのフリー走行が始まりました。小林可夢偉はまずまずの滑り出しです。


 中嶋一貴が参戦できなかったのは残念です。



 ブラジルでは、インディ(IRL)が開幕します。



 なんと楽しみな週末でしょう。
 しかし、明日からジジババと一泊旅行、帰って来るまでネット観戦はお預けですもうやだ〜(悲しい顔)


 F1の公式サイトにログイン出来ないのも気がかり…ふらふら



            モータースポーツ
posted by らいと at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

開幕近し

さぁ 明日から3月。
いよいよモータースポーツが本格的に開幕します。
今年の注目選手を紹介しましょう。


◆F1

  小林可夢偉   BMWザウバー (エンジンはフェラーリ)

 いきなり余談ですが、今年の注目チームはロータスです。伝統のチームが今年復活します。マシンのカラーリングはイギリスのナショナルカラー、ホイールは90年代を思わせる黄色というのも泣かせます。マシン自体のデザインは最新のトレンドから乗り遅れている感じがしますが、シンプルで良いです。



◆IRL(インディ)

  武藤英紀    ニューマン-ハース・ラニガン・レーシング
  佐藤琢磨    KVレーシング

 F1復帰が叶わなかった琢磨がいよいよインディに転向します。オーバルとの相性は少し不安ですが、知性とガッツで適応してくれることでしょう。
 武藤が2年間所属したアンドレッティ・グリーンレーシングから移籍した先は、アメリカの名門中の名門のチームです。


 先日のテストでは、琢磨は6位、武藤は9位と好調です。




◆フォーミュラ・ニッポン

  塚越広大    HFDP
  山本尚貴    ナカジマ・レーシング

 昨年はライバルから遅れをとった感があった山本が、いよいよ国内トップカテゴリーにデビューします。しかもチームは昨年のチャンピオンチームである名門ナカジマ・レーシングです。監督は言わずと知れた中嶋悟氏です。ライバルを追い越しましょう。


 塚越は旧今市市、山本は宇都宮市の出身です。栃木県民の皆様、サッカー、バスケ、アイスホッケー、自転車と同じように応援して下さい!わーい(嬉しい顔)



◆イギリスF3

  中嶋大祐 ライコネン・ロバートソン・レーシング

 昨年と同じチームからイギリスF3に2年目のチャレンジです。
 次世代のF1ドライバーを目指して、海外でキャリアを積み上げてもらいたいです。


 そして気になるのは中嶋一貴…。
 昨年の成績ではF1に残れなくても致し方ない面もありますが、まだ若いし、もう一度、体制を変えたうえで再チャレンジさせてやりたいという気持ちがあります。
 ステファンGPというチームがF1のエントリーを認められれば、一貴がドライバーになるのは間違いないようです。なんとかチャンスを…




               モータースポーツ
posted by らいと at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

カムイ参上

 トヨタF1チームのサードドライバーである小林可夢偉が、今週末のブラジルGPでトヨタからF1デビューすることになりました。

  


 セカンドドライバーであるティモ・グロックが、先の日本GPで負傷して欠場することになり、代役として参戦することになりました。最終戦については未定です。


 可夢偉は中嶋一貴よりも若いですが、キャリアに遜色はなく、トヨタの育成選手としても先輩です。2008−2009のGP2・アジアシリーズではチャンピオンに輝いています。今季のGP2(メイン)シリーズではあまりにも期待外れな成績でしたが、日本GPの金曜日のフリー走行では無難に役目を終えています。

 トヨタとしても、いよいよ秘蔵っ子を頂点に押し上げることになるのですが、これで心配になるのが一貴の動向です。彼の今季のこれまでの成績ではシートを失ってもしょうがない気もしますが、もう少し続けてもらいたいところです。しかし、彼の所属するウィリアムズは、トヨタとの契約を解消したいようですし、すでにルーベンス・バリチェロと契約したという噂もあり(佐藤琢磨がホンダを去る時も、バリチェロが絡んでいました…)、もう一人は新人を採用するという見方が強いです。トヨタとしても二人の選手の面倒を見られるかどうか…。

 日本人3人参戦ということになると、もっともっと低い確率なので、琢磨の復帰もますます難しいな。 

 この先色々不安はありますが、気分を変えて、可夢偉には鮮烈なデビューを飾ってもらいたいです。





               車(セダン)







posted by らいと at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

日本GP 中嶋15位

 3年ぶりに鈴鹿サーキットで開催された日本GPは、レッドブル・ルノーを駆るセバスチャン・ベッテルが制しました。


 


 トヨタ(ヤルノ・トゥルーリ)は今回も悲願を果たせず2位でした。
 しかし、最良のレースでした。
 予選の順位が良い時は、スタートでトラぶったり、途中の作戦を誤ったりして、みじめに脱落していくことが多いような印象があります。今回は、中盤までしっかりと3位をキープして、2回目のピットインの際に頑張って先行するルイス・ハミルトンを捉えることができました。カッコ良かったです。
 気がつけば、チームとしては2戦連続の2位。残り2戦、期待しちゃおうかな・・・


 中嶋一貴は地元でいいところがありませんでした。
 序盤に順位を落としたのも気に入りません。

 来年はどうなる…



           モータースポーツ
posted by らいと at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

3年ぶり

 すっかり秋らしくなってきました。

 もう9月も終わりです。



 今週、3年ぶりに鈴鹿サーキットにF1が帰ってきます。
 日本GPにわくわくするのは3年ぶりですふらふら

 前半戦に比べ混沌としてきたチャンピン争いの行方は?
 トヨタの悲願の初優勝は??
 中嶋一貴は入賞できるか???

 見どころもいっぱいです。


 コースの内外で話題に事欠かなかった今年これまでのF1でした。良くない話題もありました。そんな話題を払しょくするような好レースを名コースで期待します。


           モータースポーツ
posted by らいと at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

マキという名の…

 …女の話じゃありません。

 その昔、そういう名の日本のF1コンストラクターがありました。
 ちょうどホンダの第1期と第2参戦期の間、オイルショックの後で、日本のモータースポーツ界はまさに氷河期という時期でした。
 世界選手権戦では、8回の予選出走のみという記録ですが、確かに挑戦していたのです。ドライバーの一人、鮒子田 寛氏は、日本人として初めて世界選手権に挑戦したことになります。

 そのマキの最初のモデルマキF101が、高校生達の手によってよみがえりました。現在、広島市交通科学館「カーレース  -日本からの挑戦-」企画展にて展示されます。

 マキが最後の出走となった76年F1 イン ジャパンで、海外勢をあっと言わせたコジマKE007や、日本車で唯一ルマン24時間レースを制したマツダ787Bも展示されます。

 また、昨年復活し、今年はデモランも披露したマツダRX500も再登場します。



 らいとは見に行けませんが、お近くの方、ぜひ!



            車(セダン)
posted by らいと at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

放棄

 富士スピードウェイが、2010年以降のF1日本GPの開催中止を発表しました。

 がっかりです。
 
 中止の理由は「著しい経営環境の悪化と早急な経済回復の目途が立ちにくい事情など」らしいです。そもそもそんな理由で中止するくらいなら開催しないでもらいたかったです。鈴鹿が長い年月をかけて定着させたF1の人気を失墜させただけではないでしょうか。
 

 富士開催の2年間で得たもの…鈴鹿のリニューアルですねexclamation




 いろいろ書いていたんですけど、間違って消しちゃったので今日はここまで。


              モータースポーツ
posted by らいと at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

日本一速い男登場

 恒例のトークショーに行ってきました。

 今回のゲストは超豪華、本山哲選手と安田裕信選手でした。

 本山選手は平成日本一速い男です。フォーミュラ・ニッポン最多勝、チャンピオン4回、GTでも最多勝…などなど。本人には失礼ですが、これまでの この選手この選手とは全然キャリアが違います。初め告知を見たときには信じられないほどでした。やはり人気は高く、サイン会の整理券はゲットできず、トークショーに集まった人数も軽く見てもこれまでの2倍でしたね。
   
  090705本山.JPG
 本山選手に最初に近くで見たのはかれこれ15年ほど前でした。筑波サーキットのヘヤピンカーブで観戦していたら、後ろの方に座っていたんです。童顔で優しい顔で、それは今も変わりません。とても速い男とは思えない顔ですよね。



 安田選手はこのブログでは初登場ですが、GTでは今一番旬な若手ドライバーです。先日のマレーシア戦ではルーキーでありながら初優勝を飾りました。

             090705安田.JPG


 トークも面白かったですし、本山選手の差し入れ品争奪の予定外のジャンケン大会も盛り上がりました。


 お二人の活躍を期待します。


              モータースポーツ
posted by らいと at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

英GP 中嶋11位

◆F1第8戦 イギリスGP


 中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ) 予選 5位 / 決勝 11位

 レッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルが完勝で今季2勝目を挙げました。ブラウン・メルセデスのジェンソン・バトンの母国勝利を阻みました。
 一貴は、過去最高の順位で予選を通過しました。スタートも無難に決め、序盤を快走しましたが、徐々に順位を落としました。入賞確実、うまくいけば表彰台などという超甘の期待を持って応援していましたが、見事に裏切られました。それでも決勝は今季最高位、う〜〜ん、これもまた悲し。





◆インディ・レーシング・リーグ(IRL)

第7戦  アイオワ

 武藤英紀 3位


第8戦  リッチモンド

 武藤英紀 5位


 武藤は今季初表彰台です。ようやく調子が戻ってきたようです。
 リッチモンドはナイターレース、日本時間では昼前でした。公式サイトの中間情報を見たら、なんと武藤がトップにランクされていました。慌ててユーザー登録してライブ映像で観戦しました。もう少しツキが回ってきたら、優勝も夢ではありません。



◆フォーミュラ・ニッポン
第4戦 富士

 大嶋和也   2位
 平手晃平   5位
 塚越広大   6位
 国本京佑  10位
 松田次生  リタイア


 ルーキーの表彰台一番乗りは大嶋でした。
 優勝はロイック・デュバルでした。





◆GP2 第4戦 イギリス

 小林可夢偉 第1レース リタイア / 第2レース 17位




◆全日本 F3
富士

 山本尚貴 第7戦 クラス優勝(総合7位)/ 第8戦 クラス3位




               モータースポーツ

posted by らいと at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

トルコGP 中嶋12位

◆F1第7戦 トルコGP


 中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ) 予選 12位 / 決勝 12位

 優勝はブラウン・メルセデスのジェンソン・バトンでした。
 一貴は、今年1番のレース内容で、今季初入賞も目前でしたが、最後のピットインで時間をロスして大きく順位を落としました。
 本人とチームの運が噛み合っていないです。残念です。




◆インディ・レーシング・リーグ(IRL)

第6戦  テキサス

 武藤英紀 21位(リタイア)



◆GP2 第3戦 トルコ

 小林可夢偉 第1レース リタイア / 第2レース リタイア



◆イギリスF3
ホッケンハイム(ドイツ)

 中嶋大祐 第7戦 リタイア / 第8戦 11位
 前大会で初表彰台となりましたが、調子が落ちてきたのでしょうか…ランキングも5位まで下がりました。


◆マスターズ・オブ・F3
オランダ・ザンドフールト

 中嶋大祐 19位




速報
 今週開催されているイギリスGP予選で、中嶋一貴が自己最高の5位になりました。
 3回のセッション全てでチームメイトのニコ・ロズベルグのタイムを上回りました。また1回目のセッションでは、運にも恵まれて1位となりました。
 今夜(日本時間)の決勝が楽しみです。
posted by らいと at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

お宝画像!

     090531スタート.JPG   0905311コーナー.JPG


 先のもてぎでのお宝写真です。

   090531石浦.JPG ←初表彰台の石浦宏明

 今季初完走初入賞のディフェンディングチャンピオン松田次生
          090531松田.JPG


 コースアウトしてリタイアした 大嶋和也 →090531大嶋.JPG

 090531国本.JPG ←トラブルでスタートできなかった国本京佑



              モータースポーツ

ほんとのお宝 (ozenさん専用)
posted by らいと at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

モナコGP 中嶋15位

◆F1第6戦 モナコGP


 中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ) 予選 10位 / 決勝 15位

 優勝は今回もブラウン・メルセデスのジェンソン・バトンでした。
 一貴は、予選で今季初のQ3進出を果しました。
 決勝では、淡々とポジションをキープしていましたが、なんと最終ラップにクラッシュして順位を落としました。


◆フォーミュラ・ニッポン
第3戦 もてぎ


 塚越広大  4位
 松田次生  6位
 平手晃平  リタイア
 大嶋和也  リタイア
 国本京佑  リタイア

 小暮卓史が大逆転で1年半ぶりに優勝しました。
 広大は本当に惜しかったです。


◆インディ・レーシング・リーグ(IRL)
第4戦  インディアナポリス

 武藤英紀 10位


第5戦  ミルウォーキー

 武藤英紀 8位




◆GP2 第2戦 モナコ

 小林可夢偉 第1レース リタイア / 第2レース 12位




◆イギリスF3
ロッキンガム

 中嶋大祐 第5戦 3位 / 第6戦 4位

 ようやく表彰台に辿り着きました。シリーズランキングでは3位につけています。





                   モータースポーツ
posted by らいと at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

惜しい!

 もてぎで開催されたフォーミュラ・ニッポン第3戦の決勝レース、
わずかデビュー3戦目の塚越広大が地元で魅せてくれましたexclamation×2

 なんとか持ちこたえていた雨が、2時半のスタート直前に降りだすという微妙なコンディションでの52周のレースでした。
 広大はスタートでうまく飛び出すとすぐ2番手に浮上、さらには小暮卓史をパスしてトップに立ちましたexclamation

 その後、全車2度のタイヤ交換(晴用→雨用、雨用→晴用)もあって、一旦は3位に後退しましたが、2番手で後半に入りました。

 再び雨脚が強くなり、38周から広大を除く全選手が再び雨用タイヤに交換しました。広大は賭けに出ました。

 しかし、雨は弱まらず、後続車に見る見る迫られ、残り3、4周のところで、トップを明け渡してしまいました。さらには最終ラップにも2台に抜かれ、惜しくも表彰台も逃しました。


 悔しい、残念…でも、序盤の攻めの走り、それから、後半の滑りやすいコンディションの中、晴れ用タイヤで大きなミスもなくコース上に留まり続けた点は見事でした。

 次戦でリベンジですね!

          090531広大.JPG


 これからはU字工事にも覚えてもらわないと…(笑)


           モータースポーツ
posted by らいと at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

やっぱり生!

   090530中嶋.JPG

 ツインリンクもてぎで開催されている、フォーミュラ・ニッポン第3戦に来ています。今回のチケットは、某ゴム製品メーカーのプレゼントです。これまで何度応募したことでしょう。やっと抽選に当たりました。パドック入場、ピットウォークも出来るかなり価値の高いチケットです。
 
 予選では、地元の塚越広大が大健闘の3位につけました。
 ピットウォークでは、中嶋悟監督が、長い時間ファンの相手をしてくれました。

 詳細は追々…


 明日は決勝です。
 楽しみです。



              モータースポーツ
posted by らいと at 22:08| Comment(3) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

スペインGP 中嶋13位

◆F1第5戦 スペインGP


 中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ) 予選 11位 / 決勝 13位

 優勝は今回もブラウン・メルセデスのジェンソン・バトンでした。
 一貴は、予選で惜しくもQ3進出を逃しました。
 決勝では、序盤に他車と接触して壊したノーズを交換したことによって最後尾に後退、その後、なかなか前車をパスすることができず、下位に沈みました。


◆フォーミュラ・ニッポン
第2戦 鈴鹿


 平手晃平  4位
 塚越広大  5位
 大嶋和也  リタイア
 国本京佑  9位
 松田次生  リタイア

 新生なった鈴鹿が舞台でした。
 ロイック・デュバルが雨中の激戦を制しました。
 広大はスタートで4位に上がりましたが、接戦の末、先輩平手に敗れました。
 松田は未だ完走なしです。


◆GP2 開幕戦 スペイン

 小林可夢偉 第1レース 8位 / 第2レース 5位

 22番手からスタートした第1レースの入賞はさすがでした。しかし、ポールポジションからスタートした第2レースではスタートで出遅れました。



◆イギリスF3
第2戦  シルバーストーン

 中嶋大祐 第1レース 6位 / 第2レース 4位

 第2レースでは「表彰台まで0.2秒差。あと1周あれば」とは本人ブログ談です。




◆全日本 F3
鈴鹿

 山本尚貴 第5戦 クラス3位 / 第6戦 クラス優勝(総合7位)



              モータースポーツ
posted by らいと at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

バーレーンGP 中嶋リタイア

◆F1第4戦 バーレーンGP


 中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ) 予選 12位 / 決勝 リタイア

 一貴は、序盤に他車と接触し部品交換のためにピットインし大きく遅れました。
 最後は油圧系のトラブルでリタイアしました。本大会唯一のリタイアでした。
 自身は今季4戦中3戦目のリタイアで、全体を通じて極めて悪い成績です。


 優勝はブラウン・メルセデスのジェンソン・バトンで、こちらは今季4戦中3勝です。
 それにしても情けなかったのはトヨタでした。
 予選の1−2はめでたいことですが、燃料搭載量等が他車と違うのでマシンに大きなアドバンテージがあったわけではなかったはずです。マシンにアドバンテージがないのであれば、しっかりとテストのデータを分析し、シミュレーションを行い、作戦を立て、さらにはレースの展開に応じて戦略も変えていかないと勝つことはできません。また、「攻める」作戦も必要です。ガソリンをいっぱい積んで重いから耐摩耗性の高いタイヤをチョイスするというのはあまりにも当たり前すぎます。しかも2台あるわけですから、違った戦法を取ることもできるはずです。それがことごとく失敗していました。
 優秀なブレインがいないのか…、それとも指示系統が明確でないのか…ということであれば、トヨタに優勝はありません。



◆インディ・レーシング・リーグ(IRL)
第3戦  カンザス

 武藤英紀 8位

 やっと今季初の上位入賞です。次はインディ500です。



◆全日本 F3
岡山

 山本尚貴 第3戦 リタイア / 第2戦 クラス3位



◆GP2アジア 最終戦 バーレーン

 小林可夢偉 第1レース 4位 / 第2レース 5位
 山本左近  第1レース 6位 / 第2レース 4位


最終ランキング
 小林可夢偉 チャンピオン
 山本左近  9位
 
 
                  モータースポーツ
posted by らいと at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。